ヤマトHDほか/鹿児島県産品の販路拡大等で連携協定を締結

2017年01月25日 

ヤマトホールディングス、鹿児島県、鹿児島アグリ&フード金融協議会、ANA総合研究所は1月25日、「鹿児島県産品の販路拡大及び観光促進に向けた連携協定」を締結した。

4者は連携協定を締結し、 それぞれが有する資源やノウハウを有効活用することにより、県内の生産者や事業者に対し、国内はもとより海外への輸出も含めた県産品の販路拡大や、「手ぶら観光サービス」の利用等を通じた観光促進などを目指し、連携していく。

ヤマトホールディングス・ANAグループは、ヤマト運輸のアジア圏へ最短翌日に届ける国際間の小口保冷輸送サービス「国際クール宅急便」を通して、高品質な県産品を鮮度を保ったまま海外まで届ける。

生産者や事業者が海外とのビジネスを積極的かつ安心して展開できるよう、 輸出支援セミナーの開催や輸出時に必要な書類の作成などのサポートを行い、 海外販路の拡大を支援する。

国内においても、新たな輸送スキームを構築し、全国翌日配達などスピーディーな届けにより、 県産品の販路拡大を目指す。

観光促進については、鹿児島中央駅と鹿児島空港でスーツケースなどの手荷物を預かり、当日中に県内の宿泊施設に届ける「手ぶら観光サービス」の提供の実現に向けて取り組んでいく。

鹿児島県の主な役割は、県産品の販路拡大については、国内外でのヤマト運輸とANAグループによる小口輸送を中心とした物流ネットワークの活用促進を通じて、 販路拡大に積極的な生産者や事業者の取組支援を行う。

観光促進は、観光PRや手ぶら観光サービスの利用促進等を通じて、国内外からの観光客の誘致と満足度向上に取り組む。

鹿児島アグリ&フード金融協議会は、県産品の販路拡大については、各種ファンドの活用や商談会の開催等により、生産者等の商流構築を支援し、県産品の販路拡大や農業従事者の所得向上を目指す。

観光促進は、 県産品の販路拡大やPRを通じて、国内外からの観光客の誘致と満足度向上に取り組む。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集