国交省/大規模倉庫の防火対策を実態調査

2017年03月22日 

国土交通省は、アスクルの倉庫火災を受けて、各都道府県での大規模倉庫に対する防火対策等の指導、大規模倉庫の現状を把握するための実態調査を進めている。

当面は、類似の火災の発生を防止するために、大規模倉庫に対する防火対策等について、指導の徹底を図る。

倉庫の用途に供する部分の床面積が5万m2以上の建築物、過去に行った防災査察等で指導した事項が是正されていない建築物などに重点を置いて、倉庫を対象とした防災査察を実施する。

実態調査は、倉庫の用途に供する部分の床面積が5万m2以上の建築物とし、この場合、倉庫業を営むものであるかどうかを問わない。

防火区画を構成する部分である「床及び壁」と「防火設備」の撤去等により防火区画の設置状況が不適切な状態、防火設備について、物品の放置や劣化・損傷等により閉鎖障害が生じる状態、非常用の進入口及び代替進入口について物品の放置等により進入に支障がある状態にあるといった建築基準法令違反となっているものがないかどうか確認を行い、当該違反が確認された場合には、適切に是正措置を講じる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集