大和ハウス/静岡県富士市にマルチテナント型物流施設を竣工

2017年09月20日 

大和ハウス工業は9月20日、静岡県富士市で静岡県初のマルチテナント型物流施設「DPL新富士」が竣工し、10月1日から本格稼働すると発表した。

<DPL新富士>
DPL新富士

DPL新富士

<内観>
内観

<周辺地図>

DPL新富士は、新東名高速道路新富士ICから約0.8㎞と近接しており、関東・中部地域だけでなく、関西、北陸地域、さらには中部横断自動車道により、信越地方へのアクセスも容易。

また、国際拠点港湾の清水港まで約36㎞と、陸海輸送に便利なロケーションとなっている。

災害等が発生した際に事業を早期に復旧・稼働させることが求められる中で、海抜130m以上の場所にあるため、BCPに取り組む企業の拠点としても機能する。

<溶岩を再利用した外溝デザイン>
溶岩を再利用した外溝デザイン

<富士ひのきを用いたエントランス>
富士ひのきを用いたエントランス

<メガソーラーシステム>
メガソーラーシステム

施設面では、富士山麓特産の自然素材をデザインに活用し、富士山の溶岩を外溝の植栽に再利用するとともに、富士山麓のブランド木「富士ひのき」を物流施設内の各事務所エントランスに採用。富士市の特性を生かした。

傾斜のある敷地形状を利用して、1・2階ともに直接トラックが乗り入れでき、各テナント企業の作業効率向上させた。

省エネ・低炭素社会の実現を見据え、太陽光発電システムによる再生可能エネルギーの全量買い取り制度を利用した発売電事業に取り組む。発電事業期間は、国による電力固定買い取り期間の10年を予定している。

屋根上(約1.4万m2)に総発電容量1.2MWを敷設。発電容量270Wの太陽光発電パネルを約4500枚設置し、日中発電した全電力を東京電力へ売電する予定だ。

■概要
名称:DPL新富士
所在地:静岡県富士市厚原字込野1652‐11他
交通:新東名高速道路新富士ICより約0.8㎞
敷地面積:2万8216.80m2
延床面積:3万14.16m2
構造・規模:鉄骨造 地上2階建て
設計・施工:大和ハウス工業
着工日:2016年8月1日

■問い合わせ
大和ハウス工業
沼津支店営業所
TEL:055-923-8335

最新ニュース

物流用語集