LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/重大海難事故、緊急対応訓練

2017年10月18日/3PL・物流企業

商船三井は10月17日、重大海難事故に備えた緊急対応体制の確認を目的として、商船三井グループの船舶管理会社が管理する自動車専用船での海難事故を想定し、緊急対応訓練を実施した。

<重大海難対策本部での訓練>
20171018mol1 500x303 - 商船三井/重大海難事故、緊急対応訓練

<模擬記者会見>
20171018mol2 500x303 - 商船三井/重大海難事故、緊急対応訓練

訓練内容は、「航行中の自動車専用船で機関室火災が発生し、消火作業中に乗組員が1名行方不明となる。主機が停止し漂流した本船は、浅瀬に接近して岩礁と接触。これにより生じた破孔部から燃料油が船外に流失し、貨物艙にも海水が浸水する事態に発展する」との想定で訓練を実施。

事故発生から記者会見に至るまでの過程を訓練することで、緊急時に行うべき報告・連絡等のプロセスを再確認し、また本船、船舶管理会社、関係部署と重大海難対策本部間との連携と情報共有が円滑に実践できるかを確認した。

重大海難対策本部では、収集した情報をもとに船主、運航者として取るべき対応について協議し、緊急対応体制を確認の上、模擬記者会見を実施した。

なお、訓練の目的を「訓練を通じて重大海難事故を疑似体験することで当社全体の安全意識を高める」「重大な海難事故が発生した場合に必要な対応と情報の伝達が、的確かつ円滑に行えることを確認する」「訓練で培ったノウハウや新たに見つかった課題などを共有、改善することにより、商船三井グループ全体で万一に備えた緊急対応体制をより強固なものに整備していく」としている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース