LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヤマト運輸/兵庫県と包括連携協定を締結

2017年11月30日/3PL・物流企業

ヤマト運輸は11月30日、兵庫県と、県産品の販路拡大や地域の安全・安心に関することなど、地域の活性化と県民サービスの向上などを目的に包括連携協定を締結した。

<写真左より ヤマト運輸キャラクター クロネコ、北村 稔常務執行役員関西支社長、兵庫県 金澤 和夫副知事、兵庫県キャラクター はばタン>
20171130yamato1 500x308 - ヤマト運輸/兵庫県と包括連携協定を締結

兵庫県とヤマト運輸はそれぞれが有する人的・物的資源を有効活用することで、地域のさまざまな課題に迅速に対応し、地域社会の活性化や県民の安心・安全な暮らしの確保に取り組む。

兵庫県とヤマト運輸の連携事項では、県政のPR、農林水産振興と観光振興、防災・減災対策など地域の安全・安心、環境、青少年の健全育成、子育て支援・家庭応援、男女共同参画社会づくり、高齢者・障害者支援、その他、県民サービスの向上、地域の活性化に関して9項目を挙げている。

<デザインされた宅急便BOX>
20171130yamato2 500x374 - ヤマト運輸/兵庫県と包括連携協定を締結

県政のPRでは、兵庫県の地図やマスコット「はばタン」がデザインされたご当地宅急便BOXや宅急便コンパクトBOXを制作する。県内のヤマト運輸営業所で販売し、東京など県外の関連施設でも今後販売を検討する。また、ご当地送り状を作成し、県内のヤマト運輸営業所や宿泊施設などで使用する。

農林水産振興、観光振興に関することでは、ヤマト運輸の物流ノウハウを活用し、県産品の流通・販売の拡大を図る。中山間地域では直売所と連携した高齢者や買い物弱者への支援を検討し、県内のアンテナショップへの輸送支援や県産品の首都圏や海外への販路拡大など多角的な支援を進める。

また、ヤマト運輸の兵庫県内の営業所などでの観光パンフレット等の掲示・配布や、ターミナル駅等での手荷物一時預かりなど「手ぶら観光」の推進に向けた検討を実施し、観光情報の発信と観光客の満足度向上に向けた取り組みを推進する。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース