商船三井/運航のLNG船がフィリピン沖で漂流者4名を救助

2019年07月26日 

商船三井は7月26日、運航するLNG船 “LNG PIONEER”が7月5日、フィリピン・ミンダナオ島ダバオ沖270kmの海上において、漂流者4名を無事に救助したと発表した。

<救助位置>

20190726mol1 - 商船三井/運航のLNG船がフィリピン沖で漂流者4名を救助

<救助された漂流者>

20190726mol2 - 商船三井/運航のLNG船がフィリピン沖で漂流者4名を救助

7月5日11時28分(現地時間)、航行中だった本船は、救助を求める漂流者を発見、同日12時25分、この漂流者4名を無事に救助した。翌6日4時2分、本船はフィリピン・ミンダナオ島ダバオ沖にて、被救助者を当局に引き渡した。

■LNG PIONEER概要
全長:277.00m
総トン数:93,786トン
乗組員:31名(欧州人・インドネシア人)
船籍:バハマ

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集