ヤマトロジ/キャッシュレス事業者にトータルサポートサービス

2019年09月24日 

ヤマトロジスティクス(YLC)は9月24日、キャッシュレス決済端末を導入する事業者(加盟店)が、よりスピーディかつスムーズに運用を開始するためのキッティング・リファビッシュ業務から各種物流業務までを代行する、キャッシュレス事業者向けトータルサポートサービスを10月より開始すると発表した。

<サービス概要図>

サービス概要図

サービス概要は、決済端末のオペレーション業務および各種物流業務を代行することで、キャッシュレス事業者をトータルでサポートする。決済端末は、メーカーや通信などマルチに対応している。

提供するサービスは、入出庫・在庫管理などの物流業務、キッティング・リファビッシュ業務(決済端末の初期設定、専用アプリや端末管理ツール(MDM)のインストール作業、端末の紐付け管理、返却端末の初期化やRMA検査、再利用に必要な点検や清掃作業)を行う。

また、解約および故障時の引取(回収キットの発送による端末回収や引取サービスによる同時交換、出荷や引取時の送り状番号をもとに、回収完了、未回収情報の管理)を行うとともに、返品入荷(出荷時の機器シリアルNoをもとに、シリアルNo単位での返却端末の確認、メーカー保証の期限管理を行い、修理対応の判断等に必要な情報提供)を行う。

これにより、キャッシュレス事業は、決済端末の初期設定( SIM の挿入、ペアリングなどの作業)やソフトウエアのバージョンアップ、充電、納品前の動作確認などの対応を全てYLCにアウトソーシングできる。一括アウトソーシングすることで、経営資源を営業活動などの本業に集中することができる。

また、ASP 物流管理システムにより、どこでも簡単に端末の在庫状況などを確認できる。決済端末をすぐ使える状態で納品できるため、加盟店の満足度アップに貢献。短期間で大量納品でもYLCが対応。運用開始後の業務拡張などでもYLCがスムーズに対応するなどのメリットがある。

一方、加盟店には初期設定や機器のペアリングなどの煩わしいキッティング 作業を軽減できる。即日利用できるなどのメリットが生まれる。

今後の展開として、日本のキャッシュレス決済比率を40%まで引き上げるには、小売業の事業所数から想定すると、最大約25万事業所の端末設置が発生すると見込まれる。YLCではこれまで培ったセットアップの技術やヤマトグループのネットワークを活かし、この25万事業所に対してスピーディかつスムーズな導入支援を積極的に行っていきたいとしている。

最新ニュース

物流用語集