フェデックス/ドローン宅配現実的に、実証実験計画発表

2019年09月24日 

フェデックスは9月24日、米アルファベット傘下のウイングアビエーションLLC、フェデックス エクスプレスおよびウォルグリーンと協力し、バージニア州のクリスチャンズバーグにおいて、10月から初のドローン配送サービスを開始すると発表した。

<実証実験に使用するドローン>

実証実験は、ラストマイルの配送サービスの改善、医薬品へのアクセスを向上し、地域のビジネスに対する新たな成長分野を育成する方法の探求によって、ドローン配送が社会に多くの恩恵をもたらすことを実証するもの。

これまでの米国でのドローン配送は、指定された試験場での小規模なデモンストレーションまたは事前計画による固定ルートに沿った短距離飛行に制限されており、ドローンオペレーターの視線の範囲に収まる範囲で行う必要があった。

ウイングは今年初めに、ドローンオペレーターとして初めて米連邦航空局(FAA)から航空運送業者の認可を取得し、数マイルも離れた届け先へ商品を配送できるようになった。バージニア州でのウイング社の実証実験は、米国運輸省の無人航空機システム統合パイロットプログラム(IPP)の一環として実施される。

一定の運用条件が満たされれば、バージニア州のクリスチャンズバーグの配送指定圏に居住し、ウイングの配送サービスを希望するフェデックスの顧客は、試験期間中にドローンで荷物を受け取ることができる。

ウォルグリーンとウイングのサービスは、市販薬および他の商品を注文から数分以内に現地の住民へオンデマンドで空から届けることで、利便性、健康・ウェルネス、食品、飲料水、および日用品へのアクセスを向上させる。各社はこの実証実験を提携の一環として活用し、将来の配送サービスをさらに探求していくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集