GROUND/トラスコ中山の物流施設に最新鋭バトラー73台導入

2019年10月01日 
関連キーワード:

GROUNDは10月1日、機械工具卸売商社のトラスコ中山が運営する埼玉県幸手市の物流施設「プラネット埼玉」で最新鋭の機能を搭載した「Butler(バトラー)」73台を導入し、10月1日より本格稼働したと発表した。

<プラネット埼玉で本格稼働する最新鋭の機能を実装したButler>

20191001ground - GROUND/トラスコ中山の物流施設に最新鋭バトラー73台導入

GROUNDでの「Butler」の導入実績は、 国内4社、合計約220台となる。

Butlerは、物流センターの床面を移動するロボットが専用の可搬式棚(MSU)の下に潜り込み、作業者の元に棚ごと商品を届けることで、センター内の省人化を実現する画期的な物流ロボットシステム。「Butler」はロボット本体に加えて、専用の可搬式棚(MSU)、ピッキングおよび棚入れを行うワークステーション(PPS)、ロボットが自律的に充電を行うオートチャージャー(ACDS)、システム全体を制御するソフトウェア(WCS)の5点で構成されている。

今回「プラネット埼玉」へ導入した「Butler」は、「Grey(グレイ)Matter(マター)」を実装した最新モデルであることに加え、専用ラック(MSU)を複数配列させることにより保管効率を大幅に改善することが可能なシステム(n-deep:専用の可搬式棚(MSU)を複数配列運用するための機能)を採用し、 世界初となる運用で稼働したもの。

トラスコ中山の直吉 秀樹 取締役 物流本部長は、「プラネット埼玉は、約39万アイテムのプロツール(工場用副資材)在庫を有し、2018年10月にオープンした。同センターでは多彩な物流設備を採用し、高密度収納・高効率出荷を高いレベルで追及している物流センター。どんなに素晴らしいテクノロジーでも、現場へ導入し、活用できなれば意味がない。GROUND社は、物流ソリューションの開発・提供にとどまらず、 「Butler」をはじめとするテクノロジーを物流現場へ導入し、実運用させるインフラ構築力が非常に高く、信頼できるパートナー。Butler導入による商品の棚入れ・ピッキング作業工程での省人化と保管効率向上に期待している」としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集