日新/4~12月の売上高6.0%減、営業利益25.0%減

2020年02月06日 
関連キーワード:

日新が2月6日に発表した2020年3月期第3四半期決算によると、売上高1560億3000万円(前年同期比6.0%減)、営業利益32億8200万円(25.0%減)、経常利益38億8100万円(23.2%減)、親会社に帰属する四半期純利益23億7200万円(28.6%減)となった。

物流事業の売上高は1106億2000万円(5.5%減)、営業利益は21億9400万円(30.3%減)。国内では、重点分野の化学品・危険品、食品で取り扱いが堅調に推移。また、9月に九州博多地区で竣工した新物流施設では、オペレーションが順調に立ち上がっているなど好調だが、国内外ともに自動車関連貨物の物量が回復に至らず、結果として減収減益となった。

通期は、売上高2110億円(3.2%減)、営業利益40億円(29.8%減)、経常利益47億円(28.6%減)、親会社に帰属する当期純利益33億円(25.4%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集