日本ペイントHD/まとめ輸送で積載率改善、ホワイト物流

2020年03月03日 

日本ペイントホールディングスは3月2日、グループ会社の日本ペイント、日本ペイント・オートモーティブコーティングス、日本ペイント・インダストリアルコーティングスの3社が、国土交通省などが提唱する「ホワイト物流」推進運動に賛同し、自主行動宣言を提出したと発表した。

<まとめ輸送など物流効率化の取り組みを推進>

3社が宣言した自主行動は、「物流の改善提案と協力」「運送契約の書面化の推進」「契約の相手方を選定する際の法令遵守状況の考慮」「働き方改革等に取り組む物流事業者の積極的活用」「荷役作業時の安全対策」の5項目。

具体的には、積載率の改善に向けて、栃木工場発着便でまとめ輸送を推進しているほか、大阪流通センターを起点とした発着便で車両待機時間の削減を図るなど、物流効率化の取り組みを進めている。

「ホワイト物流」推進運動は、深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長に寄与することを目的とし、「トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化」「女性や60代以上の運転者等も働きやすい、よりホワイトな労働環境の実現」に取り組む運動。

最新ニュース

物流用語集