佐川急便/名古屋で協力会社社員が新型コロナウイルス感染

2020年03月09日 

佐川急便は3月9日、名古屋市港区にある港営業所の宅配協力会社社員が、3月8日付で新型コロナウイルスに感染していたことが判明したと発表した。

感染が確認された社員は60代男性で、3月7日の出社時に行った検温で発熱が確認されたことから、乗務をせずに医療機関を受診していた。

佐川急便では、港営業所の業務を一旦停止し、業務スペース、トラックなどの消毒作業を実施した後、業務を再開する予定。そのため、同営業所の集配業務に遅れが生じる可能性があるとしている。

また、濃厚接触のおそれがある従業員に対しては自宅待機を指示。顧客についても調査を行い、所轄保健所の指示に従って対応するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集