日通/鉄道輸送で武漢向け「救援物資輸送サービス」を開始

2020年03月09日 

日本通運は3月9日、東アジアブロックが、 中国外運と連携し、上海市から武漢市までの鉄道を利用した「救援物資輸送サービス」を開始すると発表した。

<概要図>

概要図

新型コロナウィルスの影響により、武漢市への輸送については様々な制限が設けられており、特にトラックによる輸送は困難な状況となっている。この度、顧客からの要望を受け、鉄道輸送のルートを確保することで、武漢市までの輸送の問題を解決するサー ビスを確立したもの。

その特徴は、中国最大手の総合物流企業である中国外運との連携により、鉄道輸送による確実な輸送を提供する。また、鉄道輸送による大量輸送、定時運行と安定したリードタイムを実現する。そして、貨物量に応じてコンテナ貸切輸送(FCL)、混載輸送(LCL)サービスの利用が可能だ。

FCL-毎日運行で武漢の呉家山貨物ターミナルまで。LCL-週1回運行で中国外運倉庫(武漢市蔡甸経済開発区内)まで、となっている。

主に対象となる貨物は、マスクや食品などの救援物資および一般貨物(※品目は要事前確認)だ。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集