今治造船、JMU/資本業務提携契約書と合弁契約書を締結

2020年03月30日 

今治造船とジャパンマリンユナイテッドは3月27日、資本業務提携契約書及び合弁契約書を締結したと発表した。

各国において造船会社の統合再編が進み、世界的な競争環境がますます厳しさを増していくとの状況認識のもと、両社の商船事業の国際競争力を強化することを目的として、資本業務提携を実施し、今治造船とJMUが持つそれぞれの強みを生かした提携の効果を最大限にすべく、営業および設計を協力して行っていく合弁会社を設立することを目的としている。

資本業務提携の概要は、「JMUが新たに発行する普通株式の今治造船による引受け」「営業及び設計を共同で実施する合弁会社の設立」「仕様統一推進によるマスプロダクト効果の追求」「ブロック、大物艤装品の製造所集約などの生産協力」。

また、合弁会社では、対象船種をLNG船を除くすべての一般商船とする。業務範囲はマーケティング・企画開発・共同研究・受注営業・契約・基本設計/承認図書作成とし、今治造船及びJMUで建造する洋上風力関連設備も業務とする。

■合弁会社の概要
商号:日本シップヤード [NSY]
(英文名 Nihon Shipyard Co., Ltd.)
本店所在地:東京都千代田区
事業内容:LNG船を除くすべての一般商船・海洋浮体構造物の設計、販売等
資本金:1億円
出資比率:今治造船 51% JMU 49%
決算期:3月31日
従業員数:約500名[(いずれも今治造船及びJMUからの出向者)]

最新ニュース

物流用語集