Hacobu/感染対策にオンラインチェックイン機能を無償提供

2020年04月03日 

Hacobuは4月3日、物流業界の新型コロナウイルス対策支援として、トラック予約受付サービス 「MOVO Berth」のオプション機能であるオンラインチェックインを、2020年3月31日より新規申し込みの企業に無償で提供すると発表した。

物流は「経済の血流」とも言われ、新型コロナウイルスの影響が拡大する今も、決して業務を止めることはできない業界。一方、その担い手となるトラックドライバーは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎながら輸送業務を行うことを求められており、その対策は急を要する。特に物流施設は、小売店への輸送や消費者のもとへの配送前に商品が大量に保管される場所で、この機能が停止してしまうと一般生活に多大な影響を及ぼす。

Hacobuが提供するトラック予約受付サービス「MOVO Berth」は、トラックバースと呼ばれる物流施設や倉庫で荷物の積卸しをするためにトラックを接車するスペースへの車両の入退場をコントロールするシステム。

オンラインチェックイン機能は、物流施設や倉庫から一定の半径内に入った際に、トラックドライバーが携帯電話から物流施設への入退場受付を登録できる仕組みとなる。この機能を活用することで、トラックが物流施設の近くにいる確実性をGPSによる位置情報取得で担保しながら、ドライバーは受付窓口へ赴く必要がなくなり、物流施設や倉庫の受付窓口との接触機会を減らすことができる。このオンラインチェックイン機能はMOVO独自の機能として2020年1月に特許を取得している。

■概要
対象:「MOVO Berth」を新規で契約した企業
   「すでに「MOVO Berth」を契約中で、オンラインチェックイン機能を新規で契約した企業
申し込み期間:2020年3月31日~5月29日
無償期間:契約から2か月間
申し込み
https://movo.co.jp/contact

最新ニュース

物流用語集