日新/横浜市の本牧埠頭に1.0万m2の物流センター着工

2020年04月07日 

日新は4月7日、神奈川県横浜市中区本牧埠頭に「本牧Aロジスティクスセンター(仮称)」を着工したと発表した。

<完成予想図>
完成予想図

<庫内の予想図>
庫内の予想図

この施設は、日新の神奈川埠頭営業所の再開発計画の一環として計画されたもので、同営業所から梱包工場と保管・荷捌上屋を本牧埠頭内に移転することにより、梱包と荷捌機能の拡充を図るもの。

開業は2021年、7月の予定で、日新では、この施設を「京浜地区における輸出事業の中核拠点」として位置づけ、高品質な物流サービスを提供していくとしている。

■施設概要(予定)
名称:本牧Aロジスティクスセンター(仮称)
所在地:神奈川県横浜市中区本牧埠頭 8-1、9-1 の一部
建物構造:平屋建・鉄骨造
敷地面積:1万4974.21m2
延床面積:1万85m2(内、庇下 2405m2)
主な設備:天井クレーン(40t(20t+20t) x 2 基、20t x 1 基、10tx1基)
開業予定:2021年7月

最新ニュース

物流用語集