ランテック/北九州市門司区に1.4万m2の冷凍冷蔵倉庫を竣工

2020年04月07日 

ランテックは4月7日、北九州市門司区に「門司支店」を新築し、竣工式を執り行った。

<門司支店>

門司支店は、九州自動車道「新門司IC」から3.3km、西日本最大級のフェリーターミナルを擁する新門司港マリナクロス新門司内に位置する、延床面積1万4305m2の2階建て冷凍冷蔵倉庫。

建物の東面と南面に計33台分のトラックバース(全てドックシェルタ)を設備し、保管商品が外気温に触れることなく荷捌きが可能。また、冷凍冷蔵庫にはロケーション管理された7000棚を設備、荷物用エレベーター1基と垂直搬送機2基によって、荷役効率の向上を図っている。

<太陽光発電設備>

default

その他、冷却設備に省エネ型の自然冷媒冷凍機を採用。屋根上には容量618kwの太陽光発電設備を設置し、連携させた蓄電池 60kwhと共に発電した電力を自家消費することで、CO2排出量削減と地球温暖化対策に取り組んでいる。さらに、BCPとして230kVAの非常用発電設備を設置し、停電時でも商品を劣化させることなく、荷受・仮置を可能にした。

■門司支店の概要
所在地:北九州市門司区新門司北2-7-14
建物構造:鉄骨造2階建て
敷地面積:2万325m2
延床面積:1万4305m2
設備:荷物用エレベーター1基、垂直搬送機2基、省エネ型自然冷媒冷凍機、デシカント空調設備、太陽光発電設備618kw、蓄電池60kwh、非常用発電設備230kVA、自家用給油設備、整備工場

最新ニュース

物流用語集