日本郵船/海外勤務から帰国の社員1名が新型コロナ感染

2020年04月13日 

日本郵船は4月13日、社員1名の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。

当該社員は海外勤務の任期を終え、4月10日に帰国した際の空港検疫でのPCR検査の結果、4月12日付で陽性と判定された。せきや発熱などの症状はなく、現在は管轄保健所の指導の下、自宅待機をしている。社内での濃厚接触者はいない。

最新ニュース

物流用語集