三菱ふそう/キューバで96台のトラックの艦隊契約を獲得

2020年04月17日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は4月17日、キューバペトロレオユニオン(CUPET)から96台の大型カンタートラックを大量に受注したと発表した。

<CUPETに配達されるキャンタートラック>
CUPETに配達されるキャンタートラック

この注文は、77台のCanter小型トラック(GVW 5.7t)、13台のダブルキャビンCanter小型トラック(GVW 6t)、および6台のFighter中型トラック(GVW 15.1t)で構成される。

販売は、キューバの他のダイムラー車の公式輸入業者でもある一般販売代理店MCV Comercial SAを通じて合意された。車両の配送は先月中に完了した。

CUPETは、全国で燃料、潤滑油、LPGの供給を担当するキューバの国家機関。石油鉱床の抽出と石油製品の精製と流通に関与している。CUPEXは、キューバで最大の商業企業であるCIMEXと連携して、ガソリンおよびディーゼルのガソリンスタンドを運営している。新しいトラックは、LPGタンクを使用する産業施設および顧客をサポートするために使用される。

三菱ふそうは、キャンターのほか、富山の三菱ふそうバス製造(MFBM)工場、川崎の三菱ふそう工場のBU車として、軽ローザバス、中型トラックなどの商品をキューバ市場に供給している。

最新ニュース

物流用語集