大和ハウス/静岡県富士市に10万m2のマルチ型物流施設竣工

2020年04月28日 

大和ハウス工業は4月28日、静岡県富士市で現在開発中の物流施設専用産業団地「D プロジェ クト新富士」において、静岡県最大となる延床面積約10万m2の物流施設「DPL 新富士Ⅱ」を竣工したと発表した。

<DPL 新富士Ⅱの外観>
DPL 新富士Ⅱの外観

<位置図>
位置図

「DPL 新富士Ⅱ」は、複数のテナント企業が入居可能なマルチテナント型物流施設。テナント企業の職場環境整備の一環として、従業員向け保育所やコンビニエンスストアを完備するとともに、免震構造を採用するなど、BCPにも対応した防災配慮設計を施している。

立地面では、新東名高速道路「新富士IC」から約0.8kmと近接し、関東・中部エリアだけではなく、関西・北陸エリアへのアクセスも容易。さらに今後は、中部横断自動車道が開通することで、信越地方へのアクセスも可能となり、物流エリアの広域化・複雑化が進む中で、テナント企業のニーズに応えることができる。

建物は、地上4階建て、延床面積9万9202.78m2で、静岡県袋井市にある5万人収容の多目的競技場(エコパスタジアムの約1.2個分)静岡県内最大の物流施設。

構造面では、特殊車両である45フィートコンテ ナ車が各階に直接乗り入れることができる、らせん状のランプウェイを2基(ダブルランプウェイ)採用した。

また、施設全体で264台分のトラックバースも完備。テナント企業様の作業効率を最大限に高めた物流オペレーションの提案が可能な物流施設としている。

■建物概要
名称:「DPL 新富士Ⅱ」
所在地:静岡県富士市厚原1699-1
交通:新東名高速道路「新富士IC」より約0.8km
敷地面積:4万4161.87m2
延床面積:9万9202.78m2
構造・規模:プレキャスト・プレストレストコンクリート造、免震構造 地上4階建て
設計・施工:安藤・間
着工日:2018年11月15日
竣工日:2020年4月28日
入居:2020年4月28日

最新ニュース

物流用語集