新型コロナ、業績へのマイナス影響/88.8%(帝国データバンク)

2020年05月01日 

帝国データバンクは5月1日、新型コロナウイルス感染症による業績への影響についての調査結果について「マイナスの影響がある」と見込む企業は88.8%だったと発表した。

<新型コロナウイルス感染症による業績への影響>
新型コロナウイルス感染症による業績への影響

前回調査(80.3%)と比較すると8.5 ポイント増加した。内訳では「既にマイナスの影響がある」が56.9%、「今後マイナスの影響がある」が31.8%となった。

「影響はない」とする企業は4.0%だったほか、「プラスの影響がある」(「既にプラスの影響が
ある」と「今後プラスの影響がある」の合計)と見込む企業は2.7%となった。

<業績に「マイナスの影響がある」割合(地域別)>
業績に「マイナスの影響がある」割合(地域別)

「マイナスの影響がある」を地域別にみると、「近畿」が91.1%と最も高く、「東海」(90.4%)、以下、「南関東」(88.9%)、「東北」(88.5%)、「北陸」(88.1%)となった。

調査期間は4月16日~30日、調査対象は全国2万3672社で、有効回答企業数は1万1961社(回答率50.5%)。

最新ニュース

物流用語集