トラッキモGPS/コンテナヤード等の渋滞対策ソリューション提供

2020年05月22日 

PCIホールディングスのグループ会社トラッキモGPSは5月22日、米国カリフォルニア州に本社があるTransport Software Solutions LLC(TSSL)と、日本市場での協業関係について合意し、両者間で覚書を締結したと発表した。

<港湾のコンテナターミナルでの車両運営は経営上重要だ>
港湾のコンテナターミナルでの車両運営は経営上重要だ

トラッキモGPSは、これまで日本市場に於いてIoT分野に注力してきたが、現在各地で問題となっている物流に伴う交通渋滞の問題を解決する為に、交通管理ソリューション「GeoStamp」を提供しているTSSLと協業関係を締結したもの。

TSSLは米国でロサンジェルス港、ロングビーチ港などの大型港湾で交通管理ソリューション「GeoStamp」を提供し、北米に於いて渋滞対策・交通最適化の分野で最大のシェアを有する、

協業では世界的に実績と定評のあるTrackimo社のGPS端末の位置情報等のデータを、交通管理ソリューション「GeoStamp」で処理する事により、交通渋滞情報の分析・ターミナル毎のパフォーマンス分析、各トラック運航会社のパフォーマンス分析、更にはそれらを統合的に分析し港湾のパフォーマンスの見える化を実現する。

また、「GeoStamp」を導入する事により、港湾運営会社、荷主等、港湾関係者がリアルタイムでトラックの位置を共有でき、コンテナヤードの運営・トラックの運営・渋滞個所の特定と原因分析等の、港湾運営の効率化、またトラック会社から荷主への請求事務書類の自動化といった事務処理の効率化も図ることが可能となる。

<GeoStampの機能の画面の様子>
GeoStampの機能の画面の様子

GeoStampの主な機能には、「ターンタイム レポート」「ターミナル/ポートのリアルタイムパフォーマンス」「ドライバー パフォーマンス レポート」「カスタマー分析」「集約データ分析」「ブレッドクラム レポート」の提供がある。

<Tracki Pro・Asset Tracker G01-10000>
Tracki Pro・Asset Tracker G01-10000

今回のソリューションに合わせて、トラッキモGPSではVodafoneの要請で米国Trackimo Inc.が資産管理・IoT向けに開発した、「Tracki Pro」端末を日本市場にリリース予定だ。

最新ニュース

物流用語集