佐川急便/東京・神田の大型複合施設で館内物流を本格始動

2020年06月15日 

佐川急便は6月15日、東京都千代田区の複合施設「KANDA SQUARE」の商業施設開業に伴い、6月9日から全フロアの館内物流管理業務を開始したと発表した。

<KANDA SQUARE>

「KANDA SQUARE」は、住友商事が東京・神田エリアでのオフィスビル開発を軸とした街づくりを推進する中核施設として2月に竣工。地上21階、地下1階、延床面積8万5000m2の建物は、1階が商業ゾーン(13店舗が出店予定)、2階が多目的ホール(最大1000人収容)、3階が小ホールとカンファレンス(貸会議室)、5~21階がオフィスゾーンとなっている。

<館内配送の様子>

「KANDA SQUARE」の館内物流業務は、佐川急便を中心とするSGホールディングスグループ各社による先進的ロジスティクスプロジェクトチーム 「GOAL」が、施設竣工とともに受託。納品車両の入退館ルールの策定や関係者への周知、入館車両の管理、入居済み企業への配送業務を実施しており、6月9日から段階的に営業を開始する商業施設を含めた全フロアで館内物流管理業務を開始した。

「KANDA SQUARE」では、車両の入館を許可制とすることで、待機車両の削減や、周辺地域、荷捌場付近の混雑緩和などを実現。また、館内の物流導線の整備や、各宅配便事業者によるテナントへの宅配便の取次業務により、館内配送の清流化と効率化を図っている。

最新ニュース

物流用語集