PALTEK/Ranpak社の次世代緩衝材システムを発売

2020年06月17日 

PALTEKは6月17日、Ranpak社の次世代緩衝材システム「PadPak Guardian」を発売した。

<PadPak Guardian>

「PadPak Guardian」では緩衝材に紙を活用しており、C字型に折り畳まれた専用紙によって緩衝能力の高いパドを作り出すことが可能。梱包速度は1秒あたり1.2mと高速で、タッチスクリーンによる直感的な操作が可能となっており、緩衝材の補充作業も30秒と短時間で行える。

機械は6つのモジュールで構成されており、分解することで簡単にメンテナンスが可能。幅610mm×奥行1100mm×高さ1630mmと省スペース軽量設計で、狭い作業現場にも導入できる。紙緩衝材として使用されるクラフト紙は、FSC認証を受けた森林から切り出される間伐材から作られた100%バージンパルプを原料としており、環境に配慮している。

なお、「PadPak Guardian」は、導入前の無料お試しが可能。また、Ranpak社所有のシステムをレンタルで使用するため初期投資無しで導入できる。

■PadPak Guardianの製品ページ
https://www.paltek.co.jp/solution/ranpak/products/padpak/padpak_guardian/index.html

■概要動画
https://vimeo.com/410917796

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集