アサヒロジスティクス/宮城県仙台市に4温度帯共配センターを開設

2020年06月19日 

アサヒロジスティクスは6月19日、宮城県仙台市に仙台共配センターを6月27日に開設すると発表した。

<仙台共配センター外観>
仙台共配センター外観

<センターレイアウトと機能>
センターレイアウトと機能

アサヒロジでは、 関東圏内に7拠点(埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、茨城県)の共配センターを保有している。関東と東北をつなぐ幹線便を整備することを目的とした仙台共配センターの開設により、東日本全域をカバーする、アサヒロジスティクスの共配ネットワークが完成した。

センター機能では、重量物から個物まで、 幅広い保管能力を持つ常温庫、300坪超の広さでTC品の作業も可能な冷蔵庫(+5℃)、移動ラックを配置し、保管数量1715枚の冷凍庫、マグロなどの保管も可能な超冷凍庫の温度帯を揃えている。

また、時間あたり約300枚のオリコン・コンテナの洗浄が可能なコンテナ洗浄機も設置。

<VASの作業機器>
VASの作業機器

システム面では、音声認識によるピッキングシステムを導入することで、ハンズフリー、アイズフリーにより作業効率を高め、作業者の負担を軽減。文字ではなく声で認識することにより、高齢者の方でも負担なく使用することができる。

さらに、倉庫管理WMS(ci.Hmalayas)を導入し、入荷・在庫・出荷・マスター等の倉庫内の商品管理を一元化。物流品質や生産性の向上につなげている。

<位置図>
位置図

■概要
名称:仙台共配センター
所在地:宮城県仙台市宮城野区日の出町2丁目2番27号
アクセス:仙台東ICより5km、 JR仙台駅より6km
設備:常温庫、冷蔵庫、冷凍庫、超冷凍庫、コンテナ洗浄機、事務所、休憩室等
敷地面積:3834.6m2(1162坪)
延床面積:4158m2(1260坪)
システム:音声認識仕分けシステム(VAS)、 倉庫管理システム(ci.Hmalayas)

最新ニュース

物流用語集