DATAFLUCT/青果物のサプライチェーンをビッグデータで最適化

2020年07月27日 

DATAFLUCTは7月22日、青果分野で生産から出荷、流通、加工・販売、消費までを、ビッグデータの活用によって垂直統合し、未来予測によって最適化を実現するサプライチェーンの構築支援サービス「DATAFLUCT food supply chain.」(データフラクト フードサプライチェーン)の提供を、7月22日から開始すると発表した。

<DATAFLUCT food supply chain.の構成図>
DATAFLUCT food supply chain.の構成図

開始する「DATAFLUCT food supply chain.」は、分断して管理されている生産から出荷、流通、加工・販売、消費までの商流・物流でのデータを垂直統合し、未来予測によって青果物のサプライチェーンの再構築を支援するサービス。これにより、適切な範囲での生産量や在庫量の実現、ルートや調達コストの最適化を実現し、利益の最大化に貢献する。

利用が想定されるサービス業態は、青果物に関連するサプライチェーンに携わる企業・団体(農業生産組合、農業生産法人、食品メーカー、卸売業、スーパーマーケット、飲食店チェーン など)。

活用可能なデータは気象データ、衛星データ、主産地の生産計画データ、過去の生産計画データ、出荷履歴データ、入荷履歴データ、在庫データ、市場取引価格データ、輸入量データ、道路状況データ、配送履歴データ、トラックGPSデータ、人流データ、SNSデータ、POSデータなど。

なお、DATAFLUCTは2019年1月の創業以来、食のサプライチェーンに特化したサービスを行ってきた。

なかでも、農地の衛星画像や気象データ、価格データをAIで解析し、原料調達にかかわる収穫量や収穫日、市場取引価格を予測するサービス「DATAFLUCT agri.」、店舗のPOSデータや気象・人流などの外部データの活用によって精度の高い需要予測モデルを構築し、食品廃棄ロス削減に貢献するAIサービス「DATAFLUCT foodloss.」、売上管理や予約管理、発注手続きなど、サービス業における作業の自動化を補助するチャットボットサービス「DATAFLUCT intelligent.」を展開してきた。

「DATAFLUCT agri.」や「DATAFLUCT foodloss.」、「DATAFLUCT intelligent.」の開発経験に加え、オープンデータのほか、同社がこれまで展開してきたサービスで蓄積されたデータと異なる業種の企業内に留まったままのデータを組み合わせるデータレイク構築技術や知見などの活用により、青果物のサプライチェーンのDX推進に貢献できると考え、新たに「DATAFLUCT food supply chain.」をサービスとして提供することになったもの。

最新ニュース

物流用語集