商船三井/砕氷LNG船が北極海航路を経て東京湾・扇島に到着

2020年07月27日 

商船三井は7月27日、砕氷LNG船が北極海航路を経て東京湾・扇島のLNGターミナルに初入港したと発表した。

<東京湾・扇島に入港した砕氷LNG船VLADIMIR RUSANOV>
東京湾・扇島に入港した砕氷LNG船VLADIMIR RUSANOV

<北極海航路とスエズ運河経由>
北極海航路とスエズ運河経由

<北極海航路での航跡>
北極海航路での航跡

砕氷LNG船が日本に入港するのは、史上初めてのことになる。

この砕氷LNG船は、商船三井と中国遠洋海運集団(China COSCO Shipping Corporation Limited)の合弁会社が保有し、商船三井が船舶管理・運航するロシア・ヤマルLNGプロジェクト向け砕氷LNG船「VLADIMIR RUSANOV」。

この船は、ロシア・サベッタ港のヤマルLNG出荷基地を6月29日に出航した後、カラ海・ラプテプ海・東シベリア海・チュクチ海の順に北極海航路を東側に向けて航行し、ベーリング海峡を経由して日本までLNGを輸送した。同船が北極海航路を航行した6月末~7月初旬は海氷の融解が進む時期だが、東シベリア海を中心に氷海域が残っており、海氷を避航、若しくは砕氷しながら航海を行い、約7日間(平均15ノット)でサベッタ港からベーリング海峡までの北極海航路区間を航行した。

<北極海航路の様子(7月4日東シベリア海)>
北極海航路の様子(7月4日東シベリア海)

<北極海航路輸送に従事する本船乗組員>
北極海航路輸送に従事する本船乗組員

ロシア北極圏からの北極海航路を通じた輸送は、スエズ運河経由に比べて航海距離を約65%短縮でき、温室効果ガスの排出削減にも寄与するもの。

また、北極海航路を活用して天然資源を輸送することで、日本をはじめとするアジアの天然資源輸入各国への新たな資源供給ルートを確立できる。

商船三井は、ヤマルLNG出荷基地からの安定的なLNG輸送に貢献していくと同時に、同プロジェクトを通じて北極海航路運航におけるさらなるノウハウを蓄積し、今後新たに立ち上がりが期待される北極圏プロジェクトにも貢献できるよう積極的に取り組むとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集