DFA/自動配送ロボットの商用プログラムパートナー企業募集

2020年07月28日 

Drone Future Aviation(DFA)は7月28日、 EC化の進展と労働力不足を背景に自動運転技術の導入が期待されるラストワンマイルの配送を担う、陸上配送ロボット「Yape」の商用プログラムのパートナー企業を5社限定で募集すると発表した。

<陸上配送ロボット「Yape」の走行の模様>

DFAは今後、配送ロボット「Yape」を活用したサービスを宅配業社用、飲食店舗用、商業施設用と幅広く展開していく。DFAの配送ロボット「YAPE」の商用プログラムのパートナー企業を5社限定で募集する。

商用プログラムとは、宅配、ビル内搬送、商業施設内搬送、店舗内配膳などの環境下で実運用への導入を実施していくプログラム。導入の流れは、「導入検討」「トライアル・実証実験」「本格導入」となる。

「Yape」はイタリアのハイテクメーカーe-noviaの子会社Yapeによって開発された2輪の自動配送ロボット。自動走行部門と車両操縦部門で博士号を取得した研究者たちで構成されたチームによって開発され、 イタリアでは既に自動走行による配送実験を成功させている。2019年には世界で最も権威のある賞の1つであるドイツデザインアワード2019を受賞した。

Yapeはイタリアの複雑で勾配の激しい道で実験を繰り返し、安定した走行を可能にした。屋外の凹凸のある道や室内のカーペットの上でもスムーズに走行できる。また、エレベーターと連動して屋内のフロア間の移動をすることも可能だ。

<日本郵便との実験の様子>
日本郵便との実験の様子

DFAは日本国内での「YAPE独占取り扱い権利」を保有しており、 これまでに様々な実証実験を行ってきた。 2018年には慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスでデモ走行を行い、翌2019年には日本郵便の本社 大手町プレイスウエストタワーでYapeを用いて配送試行を実施した。

DFAでは2020年に実運用として導入することを目標としており自社での物流サービスを開始するとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集