日本梱包運輸倉庫/大阪府茨木市に2.7万m2の茨木営業所倉庫開発

2020年07月28日 

日本梱包運輸倉庫は7月28日、大阪府茨木市彩都に(仮称)茨木営業所倉庫の建設を着工したと発表した。

<(仮称)茨木営業所倉庫>
(仮称)茨木営業所倉庫

(仮称)茨木営業所は、茨木市北部に新規開発された茨木北テクノタウン内に所在しており、新名神高速道「茨木千提寺 IC」から約2km、また名神高速「茨木 IC」まで約6km、大阪市内へ1時間圏内という利便性の高いロケーションとなっている。

営業開始は2021年12月を予定しており、敷地面積は約3万3940m2、今回の1期工事では事務所を含め延床面積約2万7060m2。倉庫面積は約 2万4090m2を有し、設備については10tクレーン付きの木枠梱包場、海上コンテナ用バース、ドックレベラー、空調設備、並びに貨物用エレベータ4基に加え、更に荷役作業時間の短縮化を図る為に、垂直搬送機4基の導入も計画している。

この新たな地に竣工する一大拠点は、付加価値の高い物流サービスを提供し、関西圏の中核を担うと共に、関東や中四国・九州の動脈物流動線を活かしたデポ機能と消費地を睨んだ静脈物流網の構築を実現していくとしている。

最新ニュース

物流用語集