大和物流/京都市南区に1.4万m2の物流センターを稼働開始

2020年08月03日 

大和物流は8月3日、京都市南区上鳥羽で物流施設「京都物流センター」を8月1日に稼働開始したと発表した。

<京都物流センター>
京都物流センター

<周辺図>
周辺図

<広域図>
広域図

大和物流は、2002年10月、「京都物流センター」を開発し、主に建材や電気機器のメーカー向けに保管・輸配送サービスを提供してきた。しかし、京滋エリアの事業基盤をさらに強化するため、 このセンターの土地の所有者である阪急電鉄と協議のうえ、2019年10月から、同社が施主としてこのセンターの建て替え工事を開始。

延床面積を従前の約4倍に拡大して在庫保管能力や荷役作業能力を増強したこのセンターを竣工し、本格稼働を開始したもの。

このセンターは、名神高速道路「京都南IC」から約1.4km、第二京阪道路「上鳥羽IC」から約600mに位置し、京都府内をはじめ関西圏広域へのアクセスに優れた立地。分散された物流拠点の集約など、今後の物流需要の増加を見込み、建て替え工事で建物を高層化し、延床面積を従前の約4倍の1万4482.53m2に拡張した。

近畿日本鉄道京都線「上鳥羽口駅」から約400mと、雇用確保の面においても良好な職住近接の環境が整っている。また、このセンターから約10km南に位置する大和物流が運営する物流施設「久御山物流センター」(京都府久世郡久御山町)と効率的に車両や人員を連携することで、 安定的な施設運営を可能にする。

<トラックバース(左)と天井クレーン>
トラックバース(左)と天井クレーン

<倉庫内観(左)と垂直搬送機>
倉庫内観(左)と垂直搬送機

施設仕様では、10mの庇を活用した広い荷捌きスペースを整備することで、天候に左右されることなく、入出荷業務を行うことができる。また、庇に設置されている荷重2.8tの天井クレーンにより、建材や産業機器などの重量物の取扱いにも対応し、4層の倉庫内には、貨物用エレベーターと垂直搬送機が各2基ずつ導入されているため、効率的に貨物を搬送することが可能。

環境面では、全館にLED照明を導入し、省エネを実現する環境配慮型の物流センターとして運営する。

運用面では、交通面での利便性と施設仕様を活かし、関西エリアに拠点を置くメーカーや流通業者向けに、効率的な保管・輸配送拠点として運営する。なお、このセンターは、阪急電鉄が土地・建物を所有し、大和物流が一括借上の上、運営する。

■施設概要
名称:大和物流「京都物流センター」
所在地:京都府京都市南区上鳥羽藁田9番地
敷地面積:6995.08m2
延床面積:1万4482.53m2
構造・規模:鉄骨造地上5階建(倉庫4層) 低床式
床荷重:1階:2.0t/平方メートル 、 3・4・5階:1.5t/平方メートル
搬送設備:貨物用エレベーター2基(3.6t:1基、 4.6t:1基)
垂直搬送機2基(1.5t)、天井クレーン1基(2.8t)
環境対応:全館LED照明導入
アクセス:名神高速道路「京都南IC」から約1.4km
第二京阪道路「上鳥羽IC」から約600m
最寄り駅:近畿日本鉄道京都線「上鳥羽口駅」から約400m
竣工:2020年7月31日
稼働:2020年8月1日
施主:阪急電鉄
設計・施工:大和ハウス工業
運営:大和物流

最新ニュース

物流用語集