環境省/大阪港でヒアリ400匹確認

2020年08月05日 

環境省は8月4日、大阪港でヒアリの働きアリ約400匹を確認したと発表した。

<発見したヒアリ>

<発見場所>

ヒアリは、環境省が7月30日に行った調査でコンテナヤードから発見。翌31日に、専門家による同定でヒアリであることが確認された。なお、今回の調査では、ヒアリの他にアカカミアリ1匹が同じコンテナヤード内で確認されている。

発見場所では、周辺に殺虫餌(ベイト剤)等を設置し、目視やトラップによる調査を継続している。

2017年6月の国内初確認以降、ヒアリの確認事例はこれで16都道府県、計55事例目。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集