東急不動産/狭山市に同社最大規模の物流施設着工

2020年08月11日 

東急不動産は8月11日、独自開発では最大規模の物流施設「LOGI’Q狭山日高」(埼玉県狭山市)を8月1日に着工したと発表した。

<LOGI’Q狭山日高外観予想図>
LOGI'Q狭山日高外観予想図

「LOGI’Q狭山日高」は、首都圏中央道路自動車道狭山日高I.Cから約0.3km、国道407号線から約0.2kmと、首都圏をはじめ関東全域に配送可能な立地で、大手物流会社向けのBTS型物流施設として設計した。

テナントのニーズに応じ、倉庫内機械化に対応するためボックス型の形状にし、フレキシブルな庫内利用が可能なノンブレース工法(補強材であるブレースを使用しない工法)を採用した。

免震構造を採用し、災害時でも即時に物流機能を回復することができるBCP対策を支援する構造と、倉庫内の全館空調や歩車動線の完全分離など、働き手に配慮した施設計画を行っている。

<LOGI’Q狭山日高広域図>
LOGI'Q狭山日高広域図

■「LOGI’Q狭山日高」施設概要
所在地:埼玉県狭山市大字下広瀬字上久保736-1 他66筆(土地区画整理事業地内)
用途地域:工業地域
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
敷地面積:52,391.46m2
延床面積:113,966.78m2
建物構造:RC造+S造4階建て
着工:2020年8月1日
竣工:2022年2月末(予定)
設計:フクダ・アンド・パートナーズ
施工:フジタ
事業主:アリス※東急不動産がプロジェクト・マネジメント業務を受託
床荷重:1.5トン/m2
柱スパン:10.54m×10.54m
梁天井有効高:5.5m(一部除く)
トラックバース:48台
駐車場:普通自動車519台、トラック待機場27台

最新ニュース

物流用語集