安田倉庫/川崎市の営業所で協力会社社員が新型コロナ感染

2020年08月17日 

安田倉庫は8月17日、神奈川県川崎市の営業所で、協力会社の従業員2名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。

安田倉庫では、感染拡大を防止するため、管轄の保健所と連携し、必要な措置を実施した。

この従業員は、営業所内の特定の場所で勤務しており、一般の顧客との接触はなく、管轄保健所からは濃厚接触者はいない旨の判断を受けている。この営業所の消毒作業は完了している。

同社グループでは、衛生管理の徹底、在宅勤務や時差出勤の推進、健康状態のチェック等の感染防止対策に万全を期している。今後も政府・自治体の方針に従い、社内外の感染防止に努めていくとしている。

最新ニュース

物流用語集