A.L.I. Technologies/商船三井の無人運航船実証実験に参画

2020年08月27日 

A.L.I. Technologiesは8月27日、商船三井が代表を務めるコンソーシアムのメンバーとして、無人運航船の普及を目指すプロジェクト「MEGURI2040」に参画すると発表した。

A.L.I. Technologiesは、ドローンを用いたヒービングラインの岸壁投下などの係船支援技術の開発を担当する。

「MEGURI2040」は、日本財団が実施する「無人運航船の実証実験にかかる技術開発共同プログラム」で、5つのコンソーシアムが2021年度までに無人運航船の実証実験を行うプロジェクト。

各コンソーシアムが無人運航船の普及を通じて海運領域での技術革新、物流や社会基盤の変革を目指しており、商船三井が代表を務めるコンソーシアムでは、「内航コンテナ船とカーフェリーに拠る無人化技術実証実験」をテーマに、内航コンテナ船とカーフェリーを用いた自動離着桟、自動操船、係船支援、陸上監視支援の技術開発と実証実験を行う。

最新ニュース

物流用語集