三菱ロジスネクスト/ターレット式構内運搬自動車をリコール

2020年08月31日 

三菱ロジスネクストは8月31日、国土交通省にターレット式構内運搬自動車「エレトラック」のリコールを届け出た。

不具合の部分は操縦装置(アクセラレータ)。

ターレット式構内運搬自動車において、車両の走行速度及び加減速を制御するためのアクセラレータの組立が不適切なため、アクセルレバーの操作時にアクセラレータの動作不良が生じ、アクセルレバーを放しても減速せず走行し続けるおそれがある。

全車両、アクセラレータを良品と交換する。

不具合件数は、2件、事故はなし。リコール対象車の台数は120台。

■型式等は下記URLを参照
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001360687.pdf

最新ニュース

物流用語集