SBSロジコム/東京都の支店で新型コロナ感染者判明

2020年09月08日 

SBSロジコムは9月8日、従業員が新型コロナウイルス感染検査で陽性であることが判明したと発表した。

感染者は同社首都圏第二営業部新砂支店内で夜間、常務前点呼業務に従事。8月30日朝退社前、引継時に体調不良を訴えたため、医療機関の受診を指示。8月31日休務し、医療機関を受診するも、翌日に改めて受診するように指示され、自宅で静養。9月1日午後、医療機関を再度受診し、PCR検査を実施。
 
また、従業員は肺炎の疑いがあったため、9月1日より入院し、現在加療中。9月4日夕刻、保健所より事業所にこの従業員の「陽性」の連絡が入る。

事業所での日常の感染防止対策の実施状況を説明し、保健所より、「濃厚接触者はいない」「徹底された衛生管理により、2次洗浄に関しては行う必要はない」「業務の継続は、問題ない」との見解を得る。

なお、事業所の対応では、「ドライバーを含む勤務者は、全員マスクを着用し、出勤時に検温を実施」「事業所内では、サーキュレーター、扇風機等による強制換気を実施」「点呼場では、点呼者とドライバーの間を隔てるビニールカーテンを設置」「うがい・手指の洗浄および消毒の実施」「事業所内の定期的な消毒の実施」「昼食時は、ソーシャルディスタンスを意識し、着席」の対策を日常的に講じている。

最新ニュース

物流用語集