上組/大阪市の事業所で新型コロナウイルス感染判明

2020年09月08日 

上組は9月8日、大阪市港区の同社事業所に勤務する従業員2名が新型コロナウィルスに感染していることが判明したと発表した。

その従業員の内1名は、8月31日に発熱後、経過観察を行っていたが、発熱が続いたことから9月2日に医療機関でPCR検査を実施した結果、9月4日に新型コロナウィルス感染症の陽性反応が確認された。

もう1名については、9月3日に発熱後、9月4日にPCR検査実施、9月5日に新型コロナウィルス感染症の陽性反応が確認された。

両名とも現在、容体は安定しておりますが、医療機関の指示に従って入院療養中。

この事業所では、保健所と連携のもと、既に消毒作業を完了しており、濃厚接触者に該当する従業員も確認されなかったものの、体調不良者が発生した場合には、保健所の指導のもと適切に対応するとしている。

感染者確認事務所では、「濃厚接触が疑われる者の自宅待機」「濃厚接触が疑われる従業員のPCR検査の実施」「保健所指導による職域の消毒作業」を行っている。

最新ニュース

物流用語集