ANA/日欧間貨物専用便を10月下旬から定期運航

2020年09月25日 

全日本空輸(ANA)は9月25日、「成田=フランクフルト路線」の貨物定期便が10月28日から就航すると発表した。

<成田=フランクフルト路線に投入しているボーイング777F型機>
ボーイング777F

同路線は、6月10日にANA初の日欧間貨物専用便として運航を開始。6月と7月の2か月間にわたり週1便ペースの臨時便として運航した後、不定期便として継続していたが、新型コロナウイルスの影響で旅客便の減便が相次ぎ、輸送スペース不足により航空貨物輸送のニーズが高まっていることから、定期運航を決定した。

ANAでは、航空貨物輸送ニーズの高まりに対応するため旅客機を活用した貨物便も運航しており、10月は過去最多となる449便を予定している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集