商船三井/LNG燃料タグボートが「作業船・特殊船部門賞」受賞

2020年09月28日 

商船三井は9月28日、同社が保有し、グループ会社の日本栄船が運航するLNG燃料タグボート「いしん」が、「シップ・オブ・ザ・イヤー2019」で「作業船・特殊船部門賞」を受賞したと発表した。

<表彰式、右から日本船舶海洋工学会の三島 愼次郎会長、商船三井の鍬田 博文常務、同社の山口 誠技術部長、日本栄船東京支店の斉藤 慎哉支店長>
シップ・オブ・ザ・イヤー

「いしん」は、LNG燃料タンクが着脱可能であることに加えて、LNG燃料焚きでありながらタグボートとして重要なパワー(押す・曳く)とスピード(エスコート作業も可能な高速航行と瞬発力)を兼ね備えており、これらの内容が高く評価された。

シップ・オブ・ザ・イヤーは、技術的、芸術的、社会的に優れた船舶と海洋構造物の建造を促進するため、日本船舶海洋工学会の主催により1990年から開催されている。商船三井によるシップ・オブ・ザ・イヤーの受賞は4年連続。

最新ニュース

物流用語集