損保ジャパン/自動走行ロボット専用保険プランを開発

2020年10月05日 

損保ジャパンは10月5日、自動走行ロボットの実証実験を行う事業者等を対象とした「自動走行ロボット専用保険プラン(実証実験向けオーダーメイド型)」を開発し提供を開始した。

<補償・サービスの全体像 >
補償・サービスの全体像

「自動走行ロボット専用保険プラン(実証実験向けオーダーメイド型)」は、主に、自動走行ロボットによる配送や作業に関わるさまざまなリスクに対する包括的な補償で「安心」を支える「運行や業務遂行リスクに備えた専用保険プラン」と、SOMPOリスクマネジメントのノウハウを活かした「安全」を支える「リスクコンサルティング」から構成。

実証実験のさまざまな形態に対応するため、オーダーメイド型の商品として、顧客のニーズにあわせた設計が可能だ。

補償・サービスには、運行リスク補償、破損・故障リスク補償、サイバーリスク補償、業務遂行リスク等の補償と共に、自動走行実験リスクアセスメントの支援、事故発生時の危機管理対応マニュアルの作成支援、走行不能時の搬送無制限サービス等のサービスも含まれている。

契約者・被保険者(対象となる顧客)は、「自動走行システムの実証実験を行う企業、大学、研究機関など」「自動走行システムの導入を検討し、実証実験を行う地方自治体など」となっている。

新型コロナウイルス感染症予防の観点で、物流や施設管理などの分野では、人手を介さない「遠隔・非対面・非接触」の配送ニーズや作業ニーズが高まっており、自動走行ロボットを活用した新たなサービスの早期実現が期待されている。

こうした背景から、自動走行ロボットを用いた自動での配送や消毒、警備などのサービス提供に向けて、集合住宅・市街地・商業施設・工業地帯などの施設内に加え、公道でも自動走行の実証実験が始まっている。

それらの実証実験においては、自律走行や遠隔監視操作による「運行リスク」や、配送貨物が破損した際の補償や警備作業中に犯罪者と誤認することによる人格権侵害といった「業務遂行リスク」など、多種多様なリスクへの対応が求められる。

損保ジャパンは、交通事故の削減や中山間部での移動手段確保など、社会課題解決の手段として期待されている自動運転技術開発を支援するため、2016年から自動運転専用保険(実証実験向けオーダーメイド型)」を提供し、これまでに全国各地の自動運転車による公道実証実験に参加している。

このたび、これまでの実証実験で蓄積してきたリスクアセスメントと、保険商品開発のノウハウを活かし、「安心・安全」な自動走行ロボットの実用化に向けた研究開発を支援するため、専用保険を開発したもの。

最新ニュース

物流用語集