住友商事/AIで農業関連の物流マッチング、日通が実証実験協力

2020年10月05日 

住友商事は10月5日、農業関連物流マッチングサービス「CLOW(クロウ)」の本格事業化に向けた実証実験を開始したと発表した。

<CROWのサービスフロー>
CROW

「CLOW」は、AIで農作物を出荷したい農家や効率的に輸送したい農業法人と、輸送スペースを有効活用したい物流会社をマッチングすることで、最適な輸送ルートを提案するサービス。

出荷側のニーズとトラックの空車状況をクラウドに集約し、効率的な集荷・配送ルートをアルゴリズムで自動的に設定することで、農家や農業法人に共同配送による安価な物流システムを、物流会社に新たなビジネスチャンスを提供する。

<開発中のプロトタイプサービス画面>
CROW

実証実験では、協力先である愛知県豊川市の東三温室園芸農業協同組合から提供される過去の農作物出荷データをもとに「CLOW」が設定した集荷・配送ルートの効率性を、日本通運の協力を得て精査する。「CLOW」のアルゴリズムの蓋然性を検証し、同時にアプリケーションの操作性などについてヒアリングを重ねることで、今年度中の「CLOW」の市場への試験導入を目指す。

「CLOW」は、住友商事の社内起業制度「0→1チャレンジ2019(ゼロワンチャレンジ2019)」で、新規ビジネスの優れたアイデアとして選出された20代社員が発案した案件。今後は、丹後王国ブルワリーの協力を得て京都府京丹後市でも実証実験を行う予定。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集