南総通運/4~9月の売上高7.7%減、営業利益22.9%減

2020年11月06日 

南総通運が11月6日に発表した2021年3月期第2四半期決算によると、売上高67億9200万円(前年同期比7.7%減)、営業利益6億9800万円(22.9%減)、経常利益6億9800万円(21.9%減)、親会社に帰属する四半期純利益3億5800万円(38.2%減)となった。

同社では、ドライバーなどの人材不足や、働き方改革に伴う人件費の上昇により経営環境が悪化する中、既存顧客との取引拡大と新規顧客の開拓を積極的に推進し、コスト削減のため輸送の効率化と経費節減にも積極的に取組むことで、業績の維持に努めた。

通期は、売上高136億2500万円、営業利益12億4500万円(12.9%減)、経常利益11億9800万円(15.6%減)、親会社に帰属する当期純利益7億9100万円(12.4%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集