日通/中国・上海市に現地法人が2.4万m2の倉庫を竣工

2020年11月12日 

日本通運の現地法人、日通国際供応鏈管理(上海)は、上海市青浦工業園区内に、青浦Ⅱ期倉庫を竣工し、11月2日から営業を開始したと発表した。

<新倉庫外観>
新倉庫外観

<新倉庫内観>
新倉庫内観

事業成長を目的として既存倉庫の隣接地に開設した新倉庫では、同地域での国内販売物流、製造物流(ジャストインタイム納品)、空調施設を利用した保管・配送など、自動車や電機・電子産業をはじめ各産業の顧客からの物流ニーズに応えていく。

また、今後は自動搬送機器などを積極的に導入して、先端技術を活用した省人化を図るとともに、安全・技術向上を目的としたフォークリフトオペレーターの研修センターの設置を行い、中国でのモデルとなる倉庫を目指す。

業務内容は倉庫業務、国内トラック輸送業務、航空・海運輸出入フォワーディング業務、流通加工業務となる。

なお、上海市西部に位置する青浦工業園区は、上海市の重点支援市レベル工業園区であり、電子、バイオ、ハイテク企業が集積していることに加え、上海市の中心部まで50分圏内という好立地にある。また、同エリアは生産地として発展中の江蘇省各都市と上海を結ぶ高速道路に隣接しており、倉庫需要が高まっていたもの。

■施設概要
名称:日通国際供応鏈管理(上海) 青浦Ⅱ期倉庫
(NIPPON EXPRESS GLOBAL SCM (SHANGHAI) CO., LTD. QINGPU PHASEⅡ WAREHOUSE)
住所:中国上海市青浦区新技路168号
No.168, Xin Ji Road, Qing Pu District, Shanghai 201700 P.R. China
構造:鉄骨・鉄筋コンクリート造3階建て
敷地面積:4万5000m2
倉庫面積:2万4000m2
    ※隣接する既存倉庫1万5000m2と合わせて計3万9000m2
主要設備:高床ホーム、ドックレベラー、24時間警備、非常用発電機

最新ニュース

物流用語集