鴻池運輸/4~9月の売上高7.0%減、営業利益75.4%減

2020年11月12日 

鴻池運輸が11月12日に発表した2021年3月期第2四半期決算によると、売上高1458億6000万円(前年同期比7.0%減)、営業利益15億8600万円(75.4%減)、経常利益43億4300万円(33.2%減)、親会社に帰属する当期利益28億1200万円(33.2%減)となった。

新規獲得や単価改訂による増収はあったが、航空便数減少や鉄鋼減産の影響を受けた。

複合ソリューション事業の売上高970億700万円(11.1%減)、営業利益23億8200万円(68.6%減)だった。

国内物流事業の売上高218億4400万円(9.6%減)、営業利益11億300万円(26.9%減)だった。

国際物流事業の売上高270億800万円(14.5%増)、営業利益9億6300万円(80.1%増)だった。

通期は、売上高2870億円(7.7%減)、営業利益16億円(83.5%減)、経常利益54億円(43.5%減)、親会社に帰属する当期利益31億円(32.5%減)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集