日本梱包運輸倉庫/埼玉県狭山市の拠点で従業員が新型コロナ感染

2020年12月18日 

日本梱包運輸倉庫は12月17日、埼玉県狭山市柏原営業所内の本社拠点に勤務している従業員1名が、新型コロナウィルスに感染していることを確認したと発表した。

所轄の保健所による感染者の行動履歴確認の結果、従業員の濃厚接触者はいないとの見解を得ている。

同社では、「感染者の勤務していた拠点(エリア)の消毒」「同じ拠点の勤務者の継続的検温と体調確認」の措置を講じている。

現在同社は従業員の健康状態の確認、手洗い・うがいの励行など予防に向けた取り組みを行っている。引き続き、従業員・家族の安全を最優先に、感染拡大抑止に取り組んでいくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集