郵船ロジ/住友電工の世界初AI技術搭載融着接続機初出荷手配

2020年12月21日 

郵船ロジスティクスは12月21日、住友電気工業の世界初AI技術搭載融着接続機「TYPE-72C+」の初出荷を手配したと発表した。

<販売開始記念イベントの様子>
販売開始記念イベントの様子

「TYPE-72C+」は住友電気工業が販売を開始した、世界で初めて独自AI技術を利用し融着精度・融着効率を大幅に向上させたコア直視型光ファイバ融着接続機。郵船ロジの徹底した高品質なサービスを提供していたことが評価され、初出荷手配を任されたもの。

11月25日には販売開始記念イベントが開催され、郵船ロジも初出荷をサポートした企業として参加した。世界中で通信ネットワーク網が拡大していく中、同社は引き続き、「TYPE-72C+」の出荷をサポートしていくとしている。

最新ニュース

物流用語集