佐川急便/GOALが実現、期限切れ間近の災害備蓄品を再流通

2020年12月22日 

佐川急便は12月22日、SynaBiz、ミドリ安全と、賞味期限の近い災害備蓄品の再流通支援サービスを開始したと発表した。

<サービスイメージ>

このサービスは、佐川急便の先進的ロジスティクスプロジェクトチーム「GOAL」が提供する物流ソリューションと、SynaBizが運営する寄付型ショッピングサイト「Otameshi」を活用したもの。

ミドリ安全の災害備蓄品を購入した取引先企業から賞味期限の近い災害備蓄品を買い取ることで、災害備蓄品の処分コストを抑制するとともに、廃棄ロスの削減を図る。また、SynaBizが買い取った災害備蓄品はOtameshiで販売され、商品代金の一部を社会貢献活動団体に寄付する。

現在、SDGsに取り組む複数の企業からサービスの問い合わせや相談を受けており、関東圏エリアからサービス提供を開始している。

最新ニュース

物流用語集