日通/九州通医薬集団物流と物流全般の業務提携覚書を締結

2021年01月14日 

日本通運は1月14日、現地法人の日通国際物流(中国)が、中国の大手医薬品流通卸である九州通医薬集団(九州通)傘下の九州通医薬集団物流と2020年12月18日に業務提携の覚書を締結したと発表した。

<左側が九州通医薬集団 吉勤総経理、右側が中国日通 下小野田上席副社長 >
左側が九州通医薬集団 吉勤総経理、右側が中国日通 下小野田上席副社長

<医薬品の検品作業見学の様子>
医薬品の検品作業見学の様子

九州通医薬集団物流は、九州通の医薬物流専業会社で、全グループの物流ならびに省レベルと地方市レベルの物流センターの運営管理とサポートを行っており、中国国内の医薬品流通市場において、高度な輸送サービスを提供している。

中国日通は、中国の医薬品の供給と品質管理に関する基準である GSP(Good Supplying Practice)規則があり、外資系企業が参入できない医薬品物流の業務領域をカバーするために同社との業務提携を検討していた。コロナ禍において、同社とは既に協業での輸送を実施しており、中国国内の医薬品を海外へ、また海外の医薬品を中国の地方都市まで届けられるような体制を構築した。

今回の業務提携を通じて、日通の中国国外のグローバルネットワークを活かした医薬品物流サービスと九州通グループの中国国内の輸送ネットワークを組み合わせることにより安全性が求められる医薬品輸送において、顧客のニーズに合わせたサービスを提供していくとしている。

最新ニュース

物流用語集