いすゞ自動車/「フォワード」を改良、交差点警報を搭載

2021年01月21日 

いすゞ自動車は1月21日、中型トラック「フォワード」を改良し、全国一斉に販売開始した。

<改良したフォワード>
20210121isuzu1 520x270 - いすゞ自動車/「フォワード」を改良、交差点警報を搭載

改良では、国内中型トラック初となる右左折時における横断歩行者を検知する交差点警報と、歩行者まで検知対象を拡大したプリクラッシュブレーキの採用により、安全運転をサポートする。また、LEDヘッドランプおよびフォグランプを標準化し、夜間走行時の視認性を向上した。いすゞは、ドライバーの視界を補助する次世代の安全装備を拡充し、事故抑制に貢献するとしている。

<交差点警報>
20210121isuzu2 520x116 - いすゞ自動車/「フォワード」を改良、交差点警報を搭載

特に交差点警報では、広角の近距離ミリ波レーダーをキャブ前面2か所に設置し、交差点や丁字路走行時の自動車やバイク、自転車、歩行者等を検知し衝突の危険性が高まると、ピラーに内蔵された警告灯と警報音でドライバーに注意を促し、右左折時や出会い頭時の事故抑制に貢献する。

<歩行者検知機能付きプリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減/衝突回避支援)>
20210121isuzu3 520x365 - いすゞ自動車/「フォワード」を改良、交差点警報を搭載

また、歩行者検知機能付きプリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減/衝突回避支援)では、従来の単眼カメラとミリ波レーダーによる二重検知に加え、新たに広角の単眼カメラを追加。あわせて、レーダーの性能を向上することにより、検知対象を横断中の歩行者や自転車まで拡大した。低速で走行する先行車や、歩行者等に対し、衝突のおそれが高まると、警報を作動させ、まずはドライバー自身によるフットブレーキ操作を促す。その後、さらに危険な状況に進行した場合には警報に加えてブレーキがフル制動し、衝突回避をサポートする。追突が避けられない場合は衝突速度を低減し、被害を軽減する。

さらに、ハイルーフやBluetoothオーディオを新規設定し、快適な運転環境と利便性を向上させた。

目標販売台数は1万6000台/年(フォワードシリーズ全体)としている。価格は「2RG-FRR90S2」で1315万2700円(消費税込み)。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集