Rapyuta/物流ロボットの群制御プラットフォームを汎用化

2021年01月21日 

Rapyuta Roboticsは1月21日、東京都主催の「未来を拓くイノベーションTOKYOプロジェクト」に採択され、物流ロボットの群制御プラットフォームの開発に取り組むと発表した。

プロジェクトを通じて、ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」で実行されるロボットの群制御(複数台・複数種類のロボットの協調制御)やシミュレーターを改良、汎用化しチューニングしやすい形として提供する。

これにより、ロボティクスに精通していないSIer(ソリューションを構築しエンドユーザーに提供する人材)でもロボットソリューションの構築と導入が可能となるツールを開発し、ロボットソリューション活用推進のネックになっているSIer不足問題の解消を図ることで、物流現場でのロボット導入を促進し労働生産性の向上を目指す。

あわせて、SIer向けのトレーニングプログラムも提供することでロボットSIerを育成し、優れたロボットソリューションをより多くの物流事業者が活用できる社会の実現を目指す。

「未来を拓くイノベーションTOKYOプロジェクト」は、都内ベンチャー企業や中小企業等が、事業会社等とのオープンイノベーションにより事業化する製品等の開発、改良、実証実験及び販路開拓を行うために必要な経費の一部を補助するもの。

■プロジェクトメンバー
モノフル(物流会社に対してロボティクスを用いた物流ソリューションを提案)
IDECファクトリーソリューションズ(現場でのロボットのインテグレーションサービスの提供、ロボットの安全対策に関するノウハウの提供)
安川電機(ソリューションの開発)
チャリス (シミュレーション機能の開発)
独・University of Kassel (ロボットの群制御、分散意思決定アルゴリズムの開発)
米・Open Robotics(ROSの開発・管理を担う非営利団体)
仏・Quantstack(インタラクティブコンピューティング、開発支援ツールの開発・提供)
米・PickNik Consulting LLC(ロボットアームの経路計画の開発・提供)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集